- ご契約から工事概算見積りまで
←設計業務の流れtopへ戻る
全体の流れはこちら >>








設計監理委託契約

ここまでの打ち合わせやプレゼンテーションをふまえ、建主さんにとって、当設計室が「家づくりのパートナー」として適しているとご判断いただけましたら、建築設計・監理業務委託契約の締結をお願いいたします。

工程表をもとに、設計→工事→お引き渡しまでの進め方などをご説明します。

プランニング

ベースとなるプランをもとに、更に細かなヒアリングをしながらプランへ反映させていきます。

空調、キッチン、浴室などの設備廻りのご要望をおうかがいします。

仕上げ材料(床材、壁材、天井材など)の大まかな仕様を仮設定します。

外観/内観デザイン

模型や外観、内観パース等を作成し、より立体的な理解を深めていただきます。
仮設定した仕上げ材について、併せてご説明します。

性能や素材によるコストの違いなどもお話ししながら、トータルバランスを考えデザインしていきます。

工事概算見積り

工事概算見積りを作成します。
(あくまでも、当設計室で行う実施設計前の概算です。実際の見積りは実施設計完了後に施工者に提出していただきます。)
ご予算を考慮して設計内容を調整し基本設計をまとめ、実施設計へと進んでいきます。

「基本設計」とは、建物の全体的なデザイン決定のための基本的な図面を作成することです。以後大きな変更がないように打合せを重ねて、主要事項を決定していきます。
②基本設計(1~3ヶ月)