- 詳細設計から各種申請手続きまで
←設計業務の流れtopへ戻る
全体の流れはこちら >>








外部/内部詳細設計

平面詳細図、立面図、断面詳細図等を作図し、それを基に作成した外観、内観パース等をを御覧頂き、仕上りイメージの理解を深めていただきます。
カタログや実際のサンプルにて、仕様を確認していただきます。
* 外装材(モルタル吹付け、板張り、金属板、サイディング、、など)
* 床材、壁材(珪藻土、漆喰、クロス、、、など)
* 造作材(窓枠、手摺、階段、、、など)

詳細部位設計

作成した展開図、建具表、各種詳細図等をもとに、家具や建具等の寸法や仕上りイメージの理解を深めていただきます。
カタログや実際のサンプルにて仕様を確認していただきます。
* 家具や建具等の素材や面材(合板、メラミン化粧板、、、など)
* 金物関係(ドアハンドル、家具のツマミ、丁番、、、など)

設備廻り詳細設計

キッチン、浴室、トイレ、洗面台などの機器の選定、詳細設計をします。

電気配線関係(照明器具、スイッチ・コンセント、テレビ・電話配線など)のご提案をします。

空調設備関係(冷暖房、換気など)のご提案をします。
作成した図面をもとに、カタログやサンプルと合わせて仕様を確認していただきます。

見積り依頼
金額の調整

以上の内容を全て図面に反映し、設計図書を完成させます。(設計図書一覧はこちら

施工者へ見積りの依頼をします。施工業者の紹介もいたします。

施工者から提出された見積書をもとに、ご予算に合うように、設計内容の見直しをして

 工事請負金額の調整をします。

役所や検査機関への建築確認申請の手続きをします。
必要書類への署名、捺印をお願いします。

建築確認申請手続
「実施設計」とは、基本設計を基に実際の工事の際に使用する図面を作成することです。細かい寸法を想定し、具体的な納まりを決定していきます。構造や設備に関する各種図面もこの段階で作成していきます。
③実施設計(2~4ヶ月)