- 工事請負契約からお引き渡しまで
←設計業務の流れtopへ戻る
全体の流れはこちら >>








お引き渡し

以上の工事が全て完了しましたら、建主さんへお引き渡しとなります。
立会いをさせていただき、当設計室からの工事監理報告書、お預かりしていた官庁関係書類をお渡しします。

施工者による、建物、設備機器等の取扱い説明があります。

④工事監理(5~6ヶ月)
工事請負契約

施工業者を選定し工事請負金額が決まりましたら、建主さんと施工者間での工事請負契約の締結をしていただきます。
ご契約時には、立会いをさせていただきます。

施工者に工程を組んでいただき、着工となります。

現場監理

工事中は、定期的に現場へ出向き、建主さんの代理人という立場で、第三者的に工事状況を確認いたします。

設計図書通りに施工されているかどうか、チェックをします。

仕上げの最終決定

ある程度工事が進んだ時点で、イメージしやすい現場を実際に見ていただき、仕上材などの最終確認をします。

完了検査申請手続

工事が完了した時点で、役所や検査機関へ完了検査申請書を提出します。

役所や検査機関による「完了検査」の立会いをしをします。許可になりましたら、完了検査済証を受け取ります。

施工会社自主検査の確認をし、設計事務所検査の実施、施主検査の立会いをします。

指摘事項、箇所がございましたら、施工者に手直しを指示いたします。

竣工検査

地鎮祭・上棟式」…行うかどうかは建主さんのご意向によります。

建主さんにも現場にお越しいただきご確認いただくこともあります。